これからは「過熱水蒸気で焼く!」

スチームDCオーブンは、過熱水蒸気を使った全く新しい調理器具です。

ss17_i01

過熱水蒸気とは、水を沸騰させて発生した水蒸気をさらに加熱し、100℃以上の状態にした無色透明な気体のことです。

電子レンジやスチームコンベクションと違い、独自の技術で実現した120℃~400℃の過熱水蒸気を食材に直接噴射して調理することで、焼き上がりが驚くほど早く、しかも熱を均一に伝えるため、素材の旨みや栄養素をほとんど逃がしません。

加熱水蒸気

過熱水蒸気オーブンの特長

はやい!

  • ・遠赤外線の効果で食材の中までスピーディに加熱
  • ・高温スチームが食材を包むように、一気に焼き上げる
  • ・臭いうつりがないから違う食材も同時に焼ける
  • ・冷凍食材も解凍せずにそのまま調理できる

おいしい!

  • ・外はパリッとこんがり、中はふんわり、冷めてもおいしい
  • ・ドリップが少ないから冷凍食品もそのまま調理
  • ・表面をすばやく焼き上げジューシーな旨みをキープ
  • ・旨みを逃さず歩留まりが良い

ヘルシー!

  • ・アミノ酸やビタミンなどの豊富な栄養素を逃さない
  • ・無酸素に近い状態で調理し、食材の酸化を抑える
  • ・油をまったく使わず食材本来の油分だけで調理
  • ・気になるカロリーを抑え、塩分も大幅カット

大量調理に大革命! これからは、スチームで焼く!

はやい、おいしい、ヘルシー

350スチームDCコンベア」なら、魚の切り身がわずか5分半で焼成可能。1時間で1,600切れ以上というハイスピード&パワー。時間が経っても旨みや水分を逃がさず、冷めてもおいしい仕上がりです。

こんなところにおすすめ!

弁当工場、給食センター、食品メーカー、水産加工工場、惣菜工場、殺菌・乾燥工程

conveyor_01
conveyor_02

50種類の調理プログラム

電源のオンオフ、運転、スチーム吹出しなどが、ワンタッチで簡単操作。コントロールパネルでは合計50種類の調理プログラムが登録でき、さまざまな食材に対応します。

スーパーヒーター(SH)ユニット内蔵

過熱水蒸気生成装置(SHユニット)を焼成スペース付近に内蔵しているため、工場で使用している飽和水蒸気(ボイラー等)を接続するだけでOK。過熱水蒸気を発生させるボイラーなどの付帯設備は不要です。

きめ細やかな温度調整

1ブロック(70cm)ごとに上下から噴出する過熱水蒸気の温度(最高400℃)、水蒸気量、庫内温度が設定可能。きめ細やかな温度調整で食材に適した調理ができます。もちろん蒸し料理もOK。

快適な作業スペース

熱源は電気ですから機器周辺が暑くなることもなく、騒音の原因となる送風機も内蔵していません。静かな環境で快適に作業できます。

優れたメンテナンス性

conveyor_03

日ごろのメンテナンスに配慮し、調理庫内は充分なスペースを確保。飽和水蒸気の熱により汚れが落ちるほか、ブロックごとに設けられた扉を開ければ、すみずみまで水洗いもできます。

動画

各種資料ダウンロード

過熱水蒸気式焼成機 DC Cocveryor パンフレット(約2.4MB)

今すぐダウンロード

メーカー

直本工業株式会社
http://www.naomoto.co.jp/

商品についてのお問い合わせ

お問い合せ商品
過熱水蒸気式焼成機 DC Cocveryor

会社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文