冷却器に風を戻さない非還流熱交換方式

3Dフリーザーの特長

  • 1.氷結晶が非常に微細なため、細胞膜を破壊がなく結果としてドリップが出にくく食材の劣化が少ない。
  • 2.風を殆ど当てないため、食材を飛び散らさない。
  • 3.食材の水分をほとんど奪わず乾燥させないため、目減りが非常に少ない。
  • 4.熱い食材も予冷なしでそのまま投入することができ、非常に衛生的である。
  • 5.冷気を循環させない構造のため、冷却器に霜が付きにくい。

従来のフリーザーとの違い

従来のエアブラスト式は還流式なのに対し「3Dフリーザー」は冷却器に風を戻さない非還流方式の構造になっている。

このことにより、従来のエアブラスト式(2次元冷凍)のフリーザーでは、より冷たい冷気の風を高速で食材に吹き付けることで境膜を取り、 急速に冷凍するものであるのに対し、「3Dフリーザー」は非還流の振動冷気(ACVCS)を一方向からではなく、食材全体を3次元に包み込むように冷却・冷凍していく方式である。
※ACVCS:Anti Cycle Vibration Cold System

shohin05_img1 13.59.17

3Dフリーザーによる可能性の追求

今まで無理とされていた食材の冷凍

蒲鉾の冷凍
蒲鉾の冷凍

食材にすが出来ない

活魚の冷凍
活魚の冷凍

変化が起きず血合いの色も変わらない。

レバーの冷凍
レバーの冷凍

ドリップが殆どでず、変色しない

馬刺の冷凍
馬刺の冷凍

ドリップが殆どでず、変色しない

あんぱんの冷凍
あんぱんの冷凍

パンの中のあんこの水分が表面に引っ張られない。

炊きたてのご飯
炊きたてのご飯

白老化現象が起きない。

流通革命による商圏の拡大

流通

冷凍が無理とされていた食材も「3Dフリーザー」で冷凍すれば、食材の劣化が殆どなく、フローズンで流通させることが可能となる。(商圏の拡大)

バイヤーの立場から考えると、チルド流通では、管理上(輸送中やバックヤードでの温度管理)の安全性が問題となるケースが多々あるが、フローズンで流通させ、店舗でチルド帯に戻して販売することにより、安全性が増し賞味期限の延長にもつながる。

ロスや廃棄の低減

ロスや廃棄の低減

風を殆ど当てない方式のため、小さな食材やパン粉・から揚げ粉などの飛散が無く、それらのロスが大幅に低減できる。

惣菜関係においては、余った物は廃棄せざるを得ないが「3Dフリーザー」なら、品質の劣化が少なく、保存して活用することが可能となり、廃棄を最小限にできる。(廃棄物処理費の低減、コスト削減、収益アップ )

冷却・冷凍における目減りの低減

冷却・冷凍における目減りの低減

「3Dフリーザー」は、風を殆ど当てず、また冷却器に風を戻さず冷却・冷凍を行うため庫内の湿度が高く、従来方式と比較して非常に目減りが少ない。

実例として、某練製品メーカーでは、従来、多段式冷却機で、天ぷら蒲鉾1個60gの製品を造るために原料68gを使用していたが、 「3Dフリーザー」に変更して目減り(0.6%)が殆ど無く、原料を5g減らして生産している。

<生産個数1日5万個のコスト削減試算>
1日の原料が5g×5万個=250kg
1日で、250kg×300円=75,000円
1月で、75,000円×20日=150万円
1年で、150万円×12ヶ月=1,800万円のコスト削減

生産調整や価格の安定化

生産調整や価格の安定化

鮮魚関係においては、旬・漁獲高・天候等により、源魚の価格が不安定であるが、安い時に「3Dフリーザー」で冷凍し、保存することにより、高収益が可能である。

肉の場合でも、季節によって良く出る部位と余る部位が生じるが、余った部位を「3Dフリーザー」で処理すれば、品質の劣化が少なく、高値販売が可能である。

キワ物商品(晴の日商品)などの生産においても、 「3Dフリーザー」を活用すれば、残業やパートの一次的雇用が平準化され、コスト低減になる。

食品の安全性の向上

食品の安全性

「3Dフリーザー」は焼き立て・揚げ立て・蒸し立ての高温の食材をそのまま投入することができるため、予冷が要らず、浮遊菌や落下菌に汚染されず、無菌の状態から冷却・冷凍を行うことが可能である。また予冷の間の目減りもなく非常に衛生的な生産システムが構築できる。

非還流方式のため、菌の温床となるダクトがなく、庫内の汚れが非常に少ないため、洗浄性・サニタリー性に優れている。

商品の高付加価値化及び差別化

商品の高付加価値化及び差別化

従来方式のフリーザーでは実現出来なかった高品質の冷却・冷凍が可能で、味や食感、見栄え等で他社との差別化が出来る。

また、従来のまずい冷却・冷凍から、おいしい冷却・冷凍に変わることにより、商品の価値を高め、競争力も強化されることにより、高付加価値化が実現出来る。

省エネ及び冷凍機の高寿命化

省エネ及び冷凍機の高寿命化

霜付きが殆ど起きない構造のため、冷凍機の負荷変動が少なく、従来のエアブラスト方式と比較してファンの電動機容量も小さく、総合的に※電気代の1/3ほどの削減が期待できる。
※事例による実績値ですが、冷却・冷凍の食材により必ずこの値になるものではありません。

冷凍機への負担が軽く、オイル劣化も少ないため従来よりも冷凍機の高寿命化が期待できる。

3Dフリーザーに関する特許登録及び特許出願

日本特許登録第2852300号
「急速冷凍庫」

日本特許登録第3366977号
「冷却装置及びその冷却方法」

米国特許登録第6,427,455号
「冷却装置及びその冷却方法」

韓国特許登録第0358901号
「冷却装置及びその冷却方法」

中国特許登録第99804145.9号
「冷却装置及びその冷却方法」

欧州特許登録第1069387号
 「冷却装置及びその冷却方法」

国際特許出願NO:PCT/JP2004/08914
「冷却装置」

国際特許出願NO:PCT/JP2004/015847
「冷却装置」

各種資料ダウンロード

3Dフリーザー説明資料(約1.1MB)

今すぐダウンロード

メーカー

古賀産業株式会社
http://www.koga-sangyo.com/

商品についてのお問い合わせ

お問い合せ商品
3Dフリーザー

会社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文